「霞ヶ浦ダンDVD」発売!


2018/3/9。
「霞ヶ浦ダンディー」こと村川勇介プロのDVDが発売になりました。

3/10〜11に名古屋で開催されたイベント「キープキャスト」の会場で、僕も購入。

▲村川プロが目の前でサインを入れてくれました。

総集編と思いきや、ほぼ新作!

釣りビジョンで放映されている番組、「霞ヶ浦ダンディー」。
1月から12月まで、全ての月で魚を釣り上げて「コンプリート」したこの番組。
僕は録画したVHSテープが擦り切れるまで見ているので、正直「総集編」にはあんまり興味がありませんでした。
実際にDVDを見てみると・・・ほぼ新作。
新規スタジオ収録と、フィールド撮影がメインで、今までの「霞ヶ浦ダンディー」のヒットシーンを解説するという展開でした。

霞ヶ浦限定ではない、バス釣りの教科書

今回発売されたのは、「春・夏編」。
3月から8月までの「霞ヶ浦ダンディー」のヒットシーンが解説されています。
「霞ヶ浦でどうやって釣るか」という内容ではなく、シーズナルのバスの生態と、それに合わせたルアーやタックルセッティングについて学べます。
全国どんなフィールドでも役に立つ知識が習得できると思います。
名古屋のキープキャストでも、村川プロの「五山川でも琵琶湖でも使えるテクニックが満載!」という話を聞いて、関西バサーがたくさん購入していました。
フォールクローラー、フォールクロー、フォールスティックといった、村川プロデュース製品の特徴や使い方もよくわかります。


▲名古屋でファンにサインをする村川プロ

世界初?スタジオとフィールドの生(収録だけど)中継

スタジオでヒットシーンの解説をしていた村川プロ。
「おーっと、バスを釣った現場のダンディーさんと中継が繋がっているようですよ!」
終電がとっくに終わる時間までかかったというスタジオ収録から、真冬の暴風の中で撮影したフィールド撮りに切り替わります。
村川プロらしい、ユニークな展開で解説が進んでいきます。
一ヶ所目の中継(?)ではHUMMINBIRDの最新魚探で、サイドイメージを使ってポイントを解説。
二ヶ所目では、なんともアナログな方法を使ったポイント調査テクニックを披露します。
この「中継」は、暴風のためバスボートでは移動できず、トレーラーにボートを載せて車で移動し、ポイント毎のマリーナでボートを降ろして撮影したそうです。

最後に

「霞ヶ浦ダンDVD」を、テープが擦り切れるまで見て、バス釣りのテクニックを吸収したいと思います。
最後に説明されている、村川プロがいつも言っている「張らず緩めず」と、「本気フッキング」も勉強になります。

You may also like...