2018年初バスキャッチ!〜霞ヶ浦バス釣りレポート


2ヶ月釣れていない

2018年1月14日。
前回バスを釣ったのは、11月19日。
ほぼ2ヶ月魚に触っていません。
この2ヶ月の間、初めてバスボートに乗ったり、吉田幸二さんと飲んだり、FTK決起集会をやったり、色んなことがありました。
やっと魚をかけてみれば、鯉や草魚など、謎の巨大魚ばかり。
メタルバイブは6個もロスト。
ジャークベイトには無反応。
シャッドの根掛かり外しはとても上手になりましたが、魚は一匹も釣れませんでした。
もう冬の釣りはやめてしまおうかと思い始めていました。

2018年初バスをキャッチ!

朝7時半、氷点下の大山スロープでボートを下ろすお手伝いをして、9時から釣りスタート。
二箇所目の和田ワンドは、ベイトっ気はあるものの、バイトは無し。
久しぶりに西の洲南水路へ。
どんな釣りをしようか考えつつ、まずは水門にフォールクローラー3″を、3.5gダウンショットで落としてみます。
グイグイ、とバイト。
フッキング!

▲釣れたのは31cm、310gのバスでした。

▲なぜかフックがかかっていたのは下顎。
真上から落としてフッキングしたのになあ・・・

▲水温は6.2度。
本湖や利根川よりは、確実に暖かいですね。

とりあえず、釣れて良かった!が・・・

二ヶ月ぶりにバスが釣れて嬉しいには嬉しいのですが。
これだけシャッドを巻き倒して釣れず、ちょっとダウンショットを落として釣れたというのが、ちょっと納得いかないですね。
来週はフィッシングショー、再来週は出張で、しばらくカスミには行けませんが、冬のうちにもう一匹ぐらい釣りたい!

You may also like...