フォールクローテキサスで40UP〜霞ヶ浦バス釣りレポート


2018年6月23日。
昨日の記事で、「明日も頑張るぜ!」的なことを書きましたが、やはり朝起きれず。
ボートを下ろせたのは、11時でした。

初めての遠出

今日でバスボートを運転するのは3回目。
ちょっと遠出する練習をしようと、スロープから10Kmほど離れたところへ。

▲こ、これが憧れの浚渫ってやつか!?
オカッパリでは届かない場所で、魚探を見ながら感動。
(10数年前の古い魚探です・・・)

しかし魚影はなく、蛇籠をフォールクローラー4″のダウンショットで撃ってみます。
蛇籠と言いつつ、実際には木の枠で囲まれた、フィルターユニット。
オカッパリでも、ボートでも、フィルターユニットを撃つのは変わりありません。

結局、ここで釣れたのは50cm余裕でオーバーのキャットフィッシュのみ。
雨が降り始めたのでレインウェアを着ます。
まだ開始して1時間ちょいですが、もう帰ろうかなと一瞬弱気に。
レインウェアを着て雨の中で操船するのは、まだ未経験なのです。

続けて見ると、結果が

一度スロープの近くまで帰ってきましたが、もうちょい続けてみることにしました。
緑のベルトの船が立ち去った後の矢板に入って見ます。
矢板付近には石が沈んでいるようで、ダウンショットやネコリグでは根がかりします。
そこでテキサスを入れてみると・・・
あ、食った。
まだ食ってる。
フッキング!

▲43cmのバスが釣れました。
(実はその後、同じストレッチで、同じぐらいのサイズをバラしました・・・)

タックルデータ

  • エンジンフォールクロー3.5″ AOYブラック 5gテキサス
  • スペルバウンドサーキットクラスT3
  • (今月密かに購入した)アルデバランMGL 31HG
  • フロロマイスター12lb

今日のまとめ

バスボートに乗り始めて3回連続釣れたのは嬉しいです。
弁天倉持さん、コネクト野村さんに報告したところ、
「うん、釣れる船ってあるんだよ。大事にしたほうがいいよ。」
「きっと船との相性がいいんだね。」
とのこと。
なるほど、釣れる船、船との相性ってのがあるんですね・・・
ということで、お二人共、お世辞でも僕の腕が良いとは言ってくれませんでした笑。

明日は風があまり無さそうです。
操船はしやすいのでしょうが、どこで釣りをするのか悩むところです。

そうそう、夜に土浦キャスティングでイケメンと偶然会いました。

You may also like...