W.B.S. プロトーナメント2018年第3戦を観戦してきました


2018年6月16日と17日。
W.B.S. プロトーナメントの2018年第3戦を観戦してきました。

W.B.S.とは

W.B.S. (WORLD BASS SOCIETY)は、霞ヶ浦で開催されるブラックバス釣りのトーナメントを開催している団体です。
W.B.S.プロトーナメントは、プロメンバー2名のチームで「1ボート/5フィッシュ」の合計重量にて競われます。
年間5戦開催されるのですが、2018年のスケジュールはこちらをご確認ください。

面白いのは、チームの組み合わせが毎回変わること。
Aプロ(基本的にボーター、ボートのオーナー)と、Bプロ(Aプロの船に同乗するプロ)を、抽選で組み合わせてチームが作られます。

関連記事
W.B.S. プロトーナメント2018年第1戦を観戦してきました

第3戦、初日

第1戦はワンデイトーナメントでしたが、今回はツーデイ。
土曜と日曜の二日間で勝負が決まります。

6月16日の土曜日、天気は雨。
北東風が強く、本湖はかなりの荒れ模様。

トーナメント中、某選手がかなりいいサイズを目の前でバラすという、衝撃的なシーンを目撃してしまいました。
竿ぶん曲がってましたもんね、あれはショックでしょう・・・

大荒れの天気でしたが、この日の結果はノーフィッシュはゼロ。
トップのチームは、5匹リミットを揃え、6Kgオーバー。

二日目

雨も風も弱くなり、曇り時々晴れ。
天気の急変に魚の動きも変わったのか、ノーフィッシュの選手が続出。
結果はこちら

ウェイイン風景

▲村川・石橋チーム

▲赤羽・末永チーム

▲保延・山田チーム

▲小田島・廣瀬チーム

第4戦は7月22日、日曜日。
今回と同じ土浦新港での開催です。

You may also like...