ローリングベイトで夏の荒川シーバスを捕獲〜シーバス実釣レポート


2015年7月25日土曜日。
長潮で満潮は22時44分(@晴海)。
22時30分頃から、いつもの荒川河口のポイントへ。

荒川河口
(昼間の様子はこんな感じのポイントです)

この日は風がやや強くて、ずっと水面が波立っている状態。こういう時はルアーが空中で風に流されるし、ルアーの着水地点が分からないし、シーバスやベイトの動きなどの表層の情報が伝わってこないので、何かと釣りづらい。

でも、旧江戸川ではじめてシーバスを釣った夜も同じように風が強かったし、決してシーバスが釣れない訳ではないと思ってます。むしろ、表層が波立っている分、シーバスの警戒心も下がるはずと、ポジティブに捉えるようにしています。

さて、話を戻して、スタートしてからしばらくは何をやっても無反応だったけど、下げ三分とはよく言ったもんで、0時頃から下げ潮が効き始めて、シーバスの活性があがりはじめます。

しかし、遠くの方でライズがあるだけで、手前はいまいち水面が盛り上がってこない(風で分かりづらいのもあったかもしれないけど)。

いつもどおり、DAIWA モアザン ガルバメガバス X-92 SW EDONiSで表層直下を引いてくるけど、まったく反応がない。

そこで、水面がかなり波立っているのもあるし、表層からやや下を狙うことにして、水深1mから2mくらいを意識してローリングベイトをゆっくりと巻いてくると、岸から10mくらいでヒット!しかしこれはバラしてしまう。

そして約10分後。同じくローリングベイトを巻いているとさっきと同じくらいの位置でヒット!今度はバラすことなくランディングに成功。タモ網に入れる時に、結構大きいなと思ったけど、測ってみると60cmの(僕にとっては)大物でした。

やっぱり荒川のシーバスはいつも大きいぜ!!

荒川シーバスその1

写真がうまく撮れなくて残念ですが、釣れたのはこんなシーバス。しかし、タモ網でシーバスをすくって、記念撮影をし、ルアーを外して、シーバスのダメージを最小限にしてリリースするって結構難しいですよね。特にシーバスが大きい場合はなおさらです。

いろいろ調べていると、ランディングする前にある程度シーバスを弱らせた方が、ランディング後にシーバスが暴れないのでいいという情報もありましたが、それはそれで、もしバラしたらどうしようと考えると一刻も早くタモ網にシーバスを収めたいと思うのが釣り人の心理ではないでしょうか。

できるだけ手際よくできるよう、これからもトレーニングしていきます。

荒川シーバスその2

僕の安物のちっこいフィッシュグリップが小さく見えますね。実際に重たかったし、掴んでいるのがつらかった。

ローリングベイト

釣ったルアーはこちら。おなじみ(?)のローリングベイトです。釣れるとは聞いていましたが、実際に釣ったのは実はこれが初めて。表層パターンで釣果がでない時にややレンジを下げて使うというやり方がよかったんですね。

いろいろと釣り方のバリエーションも広がり、潮の読みも分かってきたような気がするので、これからの釣果アップを狙いたいと思います。

関連記事

You may also like...

2 Responses