東京湾奥シーバス釣りポイント紹介〜荒川・砂町水辺公園(葛西橋上流)


僕たちを魅了してやまない東京シーバス釣りのメジャーポイント、荒川。これまでも荒川のシーバス釣りに関する様々な記事を配信してきましたが、今回は荒川河口エリアの江東区側(右岸)、葛西橋上流側のポイント紹介です。

これまで紹介した荒川河口荒川・砂町水辺公園の清砂大橋上流側より上流で、先日実釣レポートをお伝えした荒川ロックゲートの下流にあたるポイントです。

先日の大雨の後に、現地取材に行ってきましたので写真とともにご紹介します。

荒川にかかる葛西橋
▲堤防の上から葛西橋を望む。昼間は自転車天国です。自転車乗りの皆さん、かなり飛ばしているので、デイフィッシングをする方はくれぐれも事故にご注意を。

上流側から葛西橋を望む
▲川岸に降りてくるとこんな感じ。葛西橋を上流側から見た構図。足場のよいコンクリート護岸になっています。

ちなみに、清砂大橋から荒川ロックゲート付近まで、ずーっとコンクリート護岸になっているので、どこでもシーバス釣りができます。

葛西橋上流側
▲葛西橋と反対の上流側は船が停泊してあります。こちらはトラブルを避けるためにも釣りをしない方がよさそうですね。

なお、この日、荒川の南畑観測所の濁度は約100。ちょっと釣りには厳しい感じでした。荒川の濁度の調べた方はこちらの記事をご参考に→荒川でシーバスを釣るなら「濁度」を気にしよう

これからの秋シーズンも荒川に足繁く通うことになりそうです。

このポイントの地図はこちら

関連記事

You may also like...

1 Response