シーバス釣りではじめて知った飛距離を出すルアーの投げ方


ルアーフィッシングといえばバス釣りしか知らなかった僕が、シーバス釣りをするようになって学んだことは数知れず。

そんな学びの一つに、(特に重い)ルアーのキャスティング方法があります。

バス釣りでは、竿先からルアーを垂らすラインの長さは10〜20cmくらいですよね?
でも、シーバス釣りで、特にバイブレーションなどの重いルアーを投げる時は、ルアーをリールに一番近いガイドからリールの位置くらいまで垂らして投げるようになりました。

これは、まわりにいた上級者の皆さまを観察&真似して体得したキャスティング方法なのですが、何がいいって、飛距離が出るんです。

ルアーの重みと竿のしなりを利用して、その反発力なのか遠心力なのか、なんせそういうパワーをうまく利用して投げることで、腕の力だけでは出せない力をルアーに与えることができるのです。

詳しくはこちらの動画が参考になります。
動画の解説はメタルジグですが、原理は同じです。

nbsp;

ただし、このキャスティングには弱点があって、コントロールが悪くなるんです。

バス釣りだと、キャスティングにコントロールを求められることが多いので、あまり使うことはありませんね。
そもそも、オカッパリだと、まわりに木などの障害物があることが多くてこの投げ方ができないという事情もありますが。

もちろん、シーバス釣りでも、運河筋で橋脚をタイトに狙う場合などには向いてません。そもそも、そういう場所は後ろに人が通ることも多いので危険です。

釣りは安全第一で楽しみましょう。

You may also like...