バイブレーションで橋の下から引き出したちびっ子シーバス


2015年8月13日。先日55cmのシーバスを釣った思い出が忘れられず、また潮見運動公園へ。この日は大潮で、いつもより期待が高まります。

でも、実は前日の釣行(バラし2発でボウズ…)で、いま最も信頼を寄せるルアーのローリングベイトを根掛かりでロストしたため、この日はスタメンを別のルアーに切り替えてスタート。上げ潮の中、いつもの公園の先のポイントで、底の方を中心にルアーを通します。しかし、ルアーが悪いのか、シーバスの機嫌が悪いのか、一度小さいのがヒットしてバラすのみ。

2時頃まで粘るも釣果がなく、潮も落ち着いてきたので納竿することに。

公園を後にする前に、最後に八枝橋の下でちょっとだけ釣ろうと思って、橋の下の暗いところ、明暗部、橋脚、橋脚のガードなどに、バイブレーションを通します。

八枝橋

すると、橋脚際に着水させて、1mくらい沈めて巻いてくると、暗部でヒット!やったー!でもちっちゃい・・・タモ網を使うまでもなく、抜きあげました。

ちびっこシーバス

ちびっ子と言っても、30cm以上はありましたけど。バス釣りだとまずまずのサイズですよね。

ヒットルアーはkomomo 60

使用ルアーはimaのkoume 60のレッドヘッド。
バイブレーションなんだけど、11gと軽く、あまりブルブルとお尻を振りすぎない、控えめな子です。
こういう小場所で表層に出ない時、ややルアーを沈めて釣るのにぴったりです。

ima koume 60

キャスティング錦糸町店の中古ルアー売り場で200円で買ったお買い得品でした。

これで今年のシーズン12匹め。様々なパターンでシーバスを釣り上げることができて、釣りの幅が広がってきました。
引き続き頑張ります。

関連記事

You may also like...

2 Responses