管理釣り場「前橋クリーククラブ」へバス釣りに行ってきました!


こんにちは。新人SAKANAレポーターのゆってぃーです。
前回はボートシーバスの記事でしたが、今回はガラッと変わって管理釣り場でのバス釣りのレポートをお届けします。

3月某日、オープン7:00より群馬県にある前橋クリーククラブさんへ行ってきました。

受付の方の情報では岸際についているとのこと。

まず最初はダウンショットで。

ベイトフィネスセッティングなのでライン7lbに3.5gシンカー。
ワームはゲーリーのクラブ。オフセットフック仕様です。

岸際を探りますが、反応がない。

そこで奥のパイプの際を探ると、食いついた感触があり、合わせるとバスが!
今年、初バスです!

前橋クリーククラブで釣ったブラックバス

もう1投。
放っておいた仕掛にバスが食いついていました!

maebashi-2

これはいいヒントになりました。
動かし過ぎないほうがいいみたいで、同じポイントで3匹をゲット。

その後は、アタリが遠のいたので場所移動。

次はリアクション狙いで岸際をバイブレーション。
JACKALL TN60 マットタイガーを岸ギリギリに引いてくると、足元付近で突如ロッドが重くなりまります。
テールフックに食いついていました。

maebashi-3

ハードプラグでも釣れて大満足。
周りの方もクランクで釣れている模様。

ハードプラグでも狙えるし、ワームで手堅く釣れる管理釣り場おすすめです!!

レポーターを募集しています

SAKANA Magazineでは「みんなの釣りをもっと楽しく」を一緒に実現してくれるレポーターを募集しています!
別にプロのライターじゃなくても大丈夫。あなたの釣り体験は、きっと誰かの役に立ちます。
ご興味をもっていただけた方はこちらからお気軽にお問い合わせください。

You may also like...