春のシーバス マイクロベイトパターンを攻略するimaのルアー紹介


ぶっちゃけ、4月のシーバス釣り、かなり苦戦しています。
というか、まだ1匹も釣れていません。

ハク、アミといった春のマイクロベイトパターン攻略の糸口を掴みたいと切に願い、YouTubeの動画を漁っていくわけですが、そんな中でマイクロベイトパターンを解説するima動画があったのでご紹介します。

 

実釣による解説をされているのはimaテスターの川上靖雄さん。

使用しているルアーは、以下の3つです。
いずれも春のマイクロベイト(この動画では1〜2cmのハク)に合わせた小型サイズであるのが共通点です。

1.komomo II 65

アムズデザイン(ima) ルアー komomo II65 #KM265-002 チャートバックパール 075613

お尻をブリブリと振るかわいいやつ。川上さんが使用しているのは65mmという小型モデル。

流れに乗せるというよりも、潮が緩んだところをゆっくり引いてアピールするのが良いとのことです。

実は僕も持っていて、同じように使ってるんですけどね…実力不足です。

一応、昨年の秋はそれで釣りましたが。

2.sasuke SS-75

アムズデザイン(ima) ルアー sasuke SS-75 #SKS75-012 コンスタンギーゴ 075590

ローリング主体でkomomo IIよりも控え目のアクションのsasuke SS-75。こちらもsasukeの小型モデルですね。

シンキングタイプなのでkomomo IIよりも少し下のレンジを狙って使っています。

3.koume 60 heavy

アムズデザイン(ima) ルアー koume 60heavy #KH60-011 イナッ子 074425

底についているシーバスをリアクションで喰わせるために使っています。

動画ではブレークの駆け上がりを重点的に攻めています。

 

もう4月は終わってしましますが、せめて5月のシーバスは釣れるよう引き続き頑張りたいと思います。

関連記事

You may also like...