真夏のど日中 無念!〜東京湾シーバス実釣レポート


みなさんこんにちは!もんきです!

今回は真夏のど日中釣行記です。

というわけで前回の記事で書いたように、アムズデザインのファミリーセールに行ってきたわけです。
代官山の開催場所から午後の上げ時合いを狙って、荒川河口域に直行です。

荒川河口域

最近の東京湾奥の水質悪化の懸念があったのですが、改善度合いのチェックも兼ねて、このポイントへ入りました。

8月5日。後中潮の干潮からの上げ。南風がすごい。
到着時はちょうど干潮で、流れはほとんどない状態。
程よく濁っていい感じだが、生命感もなく、しばし様子見で護岸を歩き回る。
ほどなくすると上げが効き始め、風方向と相まってかなりのスピードで流れ出す。
沖には潮目もでき、単発ボイルが時折見える。
遠すぎてキャストで届く距離でもない。
しかし、どんどん上げが効いてくるにつれ、潮目も岸によって来る。
これでバイブ飛ばせば届くか。。。
鉄板フルキャストで大遠投。
流れのいい感じの所へ入るも、食ってこない。
んー。。。
ならばとルアーを替えダウン気味に通してみることに。
投入したのはこれ。
邪道のグラバーHi89s。

邪道 グラバーHi
出典:邪道

レンジコントロールも効き、流れにも負けずに高速リトリーブが可能。
日中は速巻きのリアクションバイト狙いが基本のセオリーなのでうってつけ。
そしてグラバーに替えてダウンクロスに変更した1投目!
岸際のブレイクでドンっ!とヒット!。
しっかり乗った!
途中のエラ洗いもかわし、最後の抵抗でドラグ出まくり!
いいサイズ。
そしてようやくランディング!
とその時、最後の最後でまさかのエラ洗い!
目の前でフックアウト。。。。 
いいサイズだっただけに、無念!

まだいけると踏んで、キャストするも反応なく、場所を小移動。

するとちょっと上流側でさっきと同じパターンでヒット!
今度は獲るぞ!

が!

またしても。。。 悔しー。
バラシ対策しなければなりませんね。

その後、潮位が上がるにつれて、心配していた湾奥の良くない水が入ってきて、程よい濁りは悪化の一途。
やはりまだ回復しきれてないか。。。

で、バイトもなくなり、出勤時間となりました。

あー、真夏のリバーデイゲーム、キャッチしたかった。。。

IMG_5659

(↑ 残念な男(笑))

次回も頑張ります!

ではまた!

You may also like...