代替リールを使って感じたちょっといいリールの価値


最近、柄にもなくシーバスを釣り過ぎたからなのか、根掛かりを強引に外そうとし過ぎたからなのか、リールのラインローラーが故障。ラインがすぐに切れるようになってしまいました。

ローラー部分を外して見てみると、引っ付いてなきゃいけないところが離れちゃってるし、外れるべきパーツが外れない…。

ラインローラーが壊れたリール

釣具屋さんに持って行ったら、メーカーに修理出すしかないということで、仕方なく預けてきました。

ああ、お気に入りのダイワ カルディアが…。しかも修理には3週間くらいかかるって(涙)。

仕方ないので、以前に使っていたシマノのナスキーを代替ルアーとして釣行しています。

シマノ ナスキー

このリールも決して悪いルアーではないと思うんですが、久々に使ってみて感じたのはその重さ。なんせ重いんです…。

重いと何が問題かといえば、まずは感度。明らかにシーバスのヒットや、ルアーがボトムにコンタクトした時の感度が落ちます。

もう一つは疲れ。キャスティングを続ければ続けるほどその重さが身に応えます。

もちろんその他にも差を感じることは多いですが、リールにおいてその軽さは大きな価値だと感じました。

リール選びの際、その重さに着目して見るのも良いのではないでしょうか。

以上、リール選びに悩んでいる人の少しでも参考になれば幸いです。

ちなみに、代替リールにしてから2回荒川に出撃しましたが、3ヒット3バラし。リールの影響なんでしょうかね。

「弘法筆を選ばず」ということで、リールにこだわらず釣果を出せるよう頑張ります!

You may also like...