スポーニング&代掻きの季節がやって来た〜霞ヶ浦バス釣りレポート


2016年4月23日。
土浦から潮来まで、なんとなく霞ヶ浦本湖北岸を回ってみる。

今日最初の釣果は、メガバスのスピナーベイトでした…。
2016-04-23-10-39-31

一の瀬川に行ってみると、田んぼの代掻きの水が入り、ひどい濁り。
先行アングラーさんも、全然釣れなかったとのことです。
2016-04-23-13-11-11
「あのインレット」の奥にちょうちんしてみましたが、全く反応がありませんでした。

夕方、潮来に到着。
カニ前にレッグワームを落としてみると、釣れたのはこのサイズ。
2016-04-23-17-24-10
2016-04-23-17-24-52

さらに前川の河口、潮来ホテル前で釣れたのはブルーギルのみ。
2016-04-23-17-46-41

水質が良い流入河川では、スポーニングベッドを守っているバスを見かけました。
45cmはありそうでした。

代掻きで水は濁っているし、お母さんバスは出産疲れ、お父さんバスは子守り中。
暖かくなり、集まってくる釣り人達によるプレッシャーの高まり。
この時期、結構難しいですよね・・・

関連記事

You may also like...