和田岬で、バズベイトに40UP!〜霞ヶ浦バス釣りレポート


2016年8月7日。
朝5時、久しぶりに和田岬へ。
霞ヶ浦人気バス釣りポイント紹介〜和田岬

今年僕の釣果が伸びないのも、40UPが少ないのも、早朝から釣りをしていないからなんですよね。
去年は金曜日に仕事が終わってすぐに霞に向かったり、土曜日の午前2時に霞に向けて出発したり、本当に元気だったなあ、と我ながら思います。
ということで、今日は早朝からバズベイトを投げてみようと思ったのです。
風がそこそこあるので、岬が風をガードして、トップルアーが目立ちやすいということで和田岬を選びました。

ゲーリーバズにトレーラーフックをセット。
キャストを始めて、五投目。
ストラクチャーは何も無い、沖のオープンなスペースで、「ぼこっ」とゲーリーバズにバイト。
途中でアメナマかと思ったぐらい、かなり引きます。
ハンドランディングすると、44cmのグッドコンディションのバスでした。

IMG_3040

なかなかの重さ。
お腹の太いバスでした。開始早々のグッドサイズで、なかなか嬉しいですね。

このサイズだったら、両手持ちしても許されますよね?

IMG_3046_

朝のうちに、西の洲へ移動。
馬渡用水機場前付近で水面を覗くと、ものすごい大量の小バスの群れ。
中には30cmぐらいのバス、たまに40UPも混じっています。
50あるんじゃないか?というバスも二匹見ました。
ちょっと小バスでも釣ってやるかーと、気軽に釣りを開始しましたが、一切釣れません。
ディッシュワーム、ドライブクローラー3.5"などノーシンカーで落としますが、反応はしてもバイトしません。
それどころか、ギルにも見切られます。
西の洲の魚、天才過ぎです・・・
滅多に使わないスピニングで、フローティングフリックまで投げましたが、無反応。
一時間以上見えバスに翻弄され、最後は降参。
参りました。西の洲の見えバスは、僕には釣れません。
人気のエリアなので、プレッシャーが高すぎるのでしょう。
この日も、入れ替わりでアングラーさんが何人も来ていました。

引き下がるのも悔しいので、シェイドを作っているベジテーションや葦を、かなり細かくスモラバで打ち続けてみます。
見えバスはダメでも、カバーに付いているバスならどうにかなるはず!
結果、30cmちょいを、どうにか一匹。

IMG_3053

二日連続40UPが釣れて満足です。
親指の根元が、バスの噛み傷だらけで、とっても痛いです(バサーあるある:指の傷を自慢する)。

ちなみに、和田岬にはポケストップはありません。

今年の釣果は合計105匹、40UPは16匹となりました。

You may also like...