今日もレッグワーム2.9"で40UP〜霞ヶ浦バス釣りレポート


2016年8月28日。
前日に引き続き、強風の霞水系。

数日前に霞ヶ浦本湖で行方不明になった方の捜索が続いているそうです。
みなさんも、気を緩めず、事故には気をつけましょうね。
この水系のことを知り尽くしているような方でも事故にあうことがあるんですから・・・
風が強い日、利根川水系など流れがある川などは、特に注意しましょう。
オカッパリでも、これは落ちたらまずいことになりそうだな・・・と思った時は、かならずライフジャケットを着用しましょう!
安全で、楽しい釣行を!

さて釣行の話です。
前日に引き続き、北風が強いため、風裏になる常陸利根川の北岸へ。
テトラを撃った後、護岸沿いにレッグワーム2.9"ダウンショットを落としていきます。
100mほど歩き、水門の近くに到着。
レッグワームをシェイクすると、「シェイクできていない感」がします。
そして、動き始めるライン。
これは食ってますね。
フッキング!
なかなかよく引く魚は、41cmでした。

IMG_3218

二日連続、同じエリアで40UPが釣れました。
僕の8月の傾向として、水門の中よりも、水門のすぐ近くの護岸沿いで釣れることの方が圧倒的に多くあります。
他のアングラーさんを見ていると、水門の中だけ撃って移動していく人や、一つの水門の中で30分以上粘っている人を見かけます。
それだけ水門の中が釣れるということなのでしょうが、なぜ僕は水門の外のほうが釣れるのでしょうか・・・
釣りって、奥が深いですね。

実はこの魚を釣った後、1時間半ほど護岸を撃った後、疲れきって昼寝してしまいました。
一匹だけで本日の釣行は終了。
ちょっと締まりが無い記事になってしまいました。
すみません!

これを書いているのは、2016年8月29日。
Uターンしてきた台風10号が近づいてきています。
今度は霞水系にどんな変化が訪れるのでしょうか。

関連記事

 

You may also like...