ロッドは折れ、外道祭りの後に、どうにか一匹〜霞ヶ浦バス釣りレポート


2017年5月2日。
霞ヶ浦本湖に到着して、第一投はスピナーベイト!
キャストした瞬間、「ぽき」という音が。

▲購入してまだ一年も経っていないポイズンアドレナのロッドティップが折れました。
なんと、去年ロッドを折ったのも、同じ5月2日!
来年の5月2日は釣りに行かないことにします!

関連記事
バスロッドが折れた話 その1 修理に出しました
バスロッドが折れた話 その2 修理から戻ってきました

▲気を取り直して別のロッドでスピナーベイトをキャストすると、ハス(これハスで合ってますよね?)。

▲インレットを撃ってみれば、キャットフィッシュ。
護岸を撃つと、ギル。

心が折れ、帰っちゃおうかな?と一瞬思いましたが、「ギルがいるってことは、バスもいる!」と、護岸を打ち続けると。

▲38cmのバスが食ってきてくれました。

ルアーは、フォールクローの2.5"、3.5gのダウンショットでした。
フォールクロー3.5"テキサスで40UPを採り、今日は2.5"ダウンショットでも魚にさわれました。
釣れるじゃないですか、フォールクロー!

You may also like...