霞水系の秋の釣りは難しい!〜霞ヶ浦バス釣りレポート


土曜日はノーフィッシュ

2017年10月7日。
先週はバサクラを見に行ったので、久しぶりの釣り。
天気が悪かったので、雨が止んだ午後から土浦へ。
川の様子を見たり、本湖に行ってみたりしますが、ここぞというポイントが見つかりません。
夕方、西の洲で1時間だけロッドを出しましたが、4バイト、ノーフィッシュ。

日曜日、まずは鰐川へ

2017年10月8日。
朝9時に鰐川へ。
ボートもオカッパリもたくさん。
テトラと護岸の間をレッグワーム2.9"の3.5gダウンショットで探ると・・・

▲小さいけど体高がある子が遊んでくれました。
とりあえず、デコ回避。
その後、スピナーベイトを巻き倒しますが、ノーバイト。

午後は常陸利根川へ

常陸利根川も釣り人がたくさん。
なかなか落ち着いて釣りをできるポイントが見つからず、大休憩。
15時から釣り再開。

乗らない謎のバイト

シャッドを巻いていくと、「ゴンっ!」というバイトや、「グイグイ!」というバイト、そしてラインがスーッと走るバイトが多発。
20回以上バイトがありましたが、全くフッキングできません。
子ナマズ説、ハス説、ニゴイ説などもありますが、群れで集まったボラ説が有力です。
あの人たち、なんでも食べますからね・・・
その割には、スピナーベイトやクランクは食ってきません。
シャッドやミノーのスローリトリーブは狙ってくる気がします。

最後にスピナーベイトで一匹!

17時の音楽が鳴り始め、あたりは暗くなってきました。
最後まで諦めず、スピナーベイトでストレッチを流していきます。
ロッドが重くなったので、巻きあわせ。

▲獲った!

▲ルアーは、エンジンのストライクマジック。
村川勇介さんプロデュースのスピナーベイトです。
ダブルウィローの1/4oz、色は#06ワカサギ。
トレーラーにDSTYLEのシェイクシャッドが付いています。

▲なかなかいい魚です。嬉しい。

▲サイズは残念ながら39cm!惜しい!

本格的に秋の巻物の季節がやってきましたね。
もっと巻きの釣りが上手くなりたい!

You may also like...