秋といえば、スピナーベイトの季節〜霞ヶ浦バス釣りレポート


キンチャクに返り討ちにあう

2018年10月6日。
だんなから「一緒に釣りに行こうぜ!」と呼び出され、濃霧の中、命からがら霞水系へ。
しかし、集合時間になって「ごめん、今起きた。」との連絡。
寝坊遅刻大王、SAKANA Magazineデザイナーのpepepeiの顔が一瞬脳裏に浮かんだ。

だんなが来る前に全ての魚を釣ってしまおうと、フィルターユニット(通称キンチャクまたはタマネギ)を撃つが、なんと2バラシ。
2時間遅れでやってきただんなと二人、フィルターユニットを攻略。
しかし、順調にバラシの数だけ増やしてしまいました。
久しぶりにキンチャクに返り討ちをくらった・・・

子バスパラダイスで癒される

移動して、流入河川で子バスを連発。

フォールクローラー4″のスナッグレスネコリグ、通称アンビリーバボーリグ。
相変わらずよく釣れます。

初めての牛堀

霞水系バサーなら知らない人はいない、超メジャーポイント、牛堀
僕も年間100回以上通過しているのですが、釣りをするのは初めて。

イケメン宮本君とばったり会いました。

ネコとじゃれている間に日が暮れ、牛堀フィッシュはゲットできませんでした。
いつか再挑戦します。

濁っているからテトラじゃない?

2018年10月7日。
早朝からばったり、フォール友の会事務局長たつのきんごと、かねけいさんとばったり遭遇。
霞水系のどこに行っても濁っている状況で、「濁っている時にバスはカバーにタイトに付く!セオリーじゃない?」と話し合う。
濁りが軽減されるのは、フィルターユニット、ベジテーションカバー、そしてテトラ。

テトラをアンビリーバボーリグで撃ってみると、正解。32cm、380gの魚でした。

秋だから、スピナーベイト

あまりの暑さにほとんど釣りをせず、ちょっとだけ西の洲南北水路を撃ったりしながら移動。
秋だもん、夕まずめはスピナーベイト!ということで、ストライクマジック1/4ozをテトラで投げます。
スピナーベイトを追ってきたバスが、テトラに当たった瞬間、激しくバイト。

37cm、700g。
サイズはいまいちでしたが、ストライクマジックをがっつり食ってきました。
ロッドはスペルバウンドサーキットクラスFM2。
リールはカルカッタコンクエスト100。
巻物最強タックルを持っているんだから、もっと使わないとまずいなーと反省しての一匹でした。

(これでやっと今年の釣果が60匹となりました。少なすぎる・・・)

You may also like...