初管釣り!富士見池でバホバホ!?〜霞ヶ浦バス釣りレポート


初めての管理釣り場

2018年12月29日。
富士見池、行こうゼーッ!」と村川プロから誘われ、初めての管理釣り場に行ってきました。
数年前に一度行ったことがあるんですが、「半日券」の意味がわかっていなかったため、11時に半日券を買って、準備をしていたら12時になってしまい、追い出されたことが・・・
今年も一回行ったのですが、その時は大会をやっていて、人が多く、カレーだけ食べて帰ってきたという。
ということで、ちゃんと菅釣りで釣りをするのは初めてでした。

今回の目的は、「鉄板王決定戦」の下見

2019年1月27日、富士見池でエンジンのメタルバイブ、スクープハンマー限定の釣り大会、「鉄板王決定戦」を開催予定です。
どのようなイベントにするのかを現地で考え、さらに潮来マリーナさんと調整することが今回の目的でした。
とはいえ、まずは実釣してみます。

メタルで2バラし

最初はメタルバイブでスタート。
開始してすぐ、リフト&フォールで食ってきた小さい魚を目の前でバラし。
さらにもうちょっと大きめの魚も、バラしてしまいました。
とりあえず、メタルバイブで食うことはわかりました。

周りの人達は、散発的にバスを釣り上げています。
一人でポンポン釣っている人もいれば、ロッドを10本ぐらい持ち込んでいる人も。
菅釣りには菅釣りのテクニックがあるんですね。

フォールクローラーのダウンショットが釣れる

釣り開始から1時間。
メタルバイブから、フォールクローラー 3″のダウンショットに持ち替えます。
ブレイク沿いの葦の向こうに落としてシェイクすると、バイト。

▲8:38、一匹目。

▲10:13、初めて使ったカラー、モーニングドーンで食ってきたのは・・・

▲よく食べていそうな魚でした。

▲10:27、5匹目。

ということで、2時間で5匹でした。
管理釣り場、結構楽しいですね。
とはいえ、これは放流効果みたいなので、いつでもこのペースで釣れるわけではなさそうですが・・・


▲もちろん村川さんもバホバホ!

▲村川さん撮影の僕

タックルデータ

リグ:エンジン フォールクローラー3″ 3.5gダウンショット
ロッド:エンジン スペルバウンドコア66L-ST
リール:ダイワ アルファスAir
ライン:BMS AZAYAKA 10lb→途中からフロロマイスター8lb

鉄板王決定戦、楽しみですね。
メタルバイブと菅釣りが好きなあなた!1月27日のスケジュールを空けておいてくださいね。

You may also like...