45cm、1,230gのブラックバスをゲット!そして、プロとのガチ勝負!


出船は12時・・・

2019年8月31日。
夏も終わり。明日から9月。
最後の夏の釣りを楽しもうと、早朝起きしたはずなのに。
なぜか二度寝をしてしまい、気がつけば8時。
バスボートをスロープに降ろしたのはお昼12時。

先週の日曜日のオカッパリでは、47cmあるのに940gしかない魚を釣りました(多分、デジタルメーターが不調だったんだと思いますが)。
今日はキロフィッシュを釣るぜ!寝坊したけど!と、気合いを入れてスタート・・・
しようと思ったら、某トーナメンターさんに、
「物凄く釣れてるみたいだよ!頑張ってね!」
と声を掛けられる。
・・・そんなこと言われたら、デコれないじゃん!
なんだよー、そのプレッシャー!

正真正銘のキロフィッシュ!

水温は27度。
先週も感じましたが、確実に秋が始まっています。
とはいえ、今日も暑いし、太陽が出ています。
あちこち撃ちながら、本命ポイントに付いたのは13時半ちょい前。
しかし、僕が撃とうと思っていたストレッチを、反対から撃ち終えた先行艇が去っていくところでした。
他の人が釣ってたストレッチなんて、釣れるのかな・・・
さらに、「物凄く釣れている」という情報のプレッシャー。
でもまあいいや、ここに魚がいる!と自信を持って撃っていこうと決心。

そして数分後、13時31分。
フォールクローラー5″が、ゆっくり動き始める。
ガチフッキング!

▲決まった。

▲45cm(暴れてずれたけど)。

▲1,230g。
今週は確実にキロフィッシュだ!

一応追加

40分後、14時16分。
フローティングカバーを、フォールクロー3.5″の5gテキサスで撃ってみると、食った。

▲35cm、600gを追加。
(今年初のフォールクローフィッシュだった・・・)

大寝坊したし、プレッシャー掛けられたけど、釣れてよかった!

謎のバトル勃発

その後も真剣に色々やったけど反応なし。
今日は早めに上がって、明日に備えよう。
とりあえず、何も食べていないので、買ってきたパンでも食べよう。
・・・とか考えていたら。
物凄いオーラを纏ったバスボートが近づいてくる。
色はアプリコットオレンジ。

「今から勝負しようぜ!」
突然、バスプロから勝負を挑まれる。
いやいや、僕はバスボート歴一年の初心者ですよ・・・
あなたは、物凄いレジェンドアングラーとか、ダブルダイスケとか、コモリンとか、そういう人たちと戦う人でしょ・・・
とりあえず、一時間一本勝負、スタート。

結果は、当然負けました

勝てるはずは全くないのですが、真剣に勝負に挑みます。
この日、手をつけていなかったアンビリーバボーリグも出しました。
時計を見ながら、もう10分経った、20分経った、と焦ります。
キャスト一投毎に集中して、確実に狙ったところに入れ、思った通りのアクションをします。
ちょっとした違和感にも、即フッキング体制。
(結局バイトは無く、軽い根掛かりだったけど)

本気で集中する釣りを学べました。
師匠、ありがとうございました!

You may also like...