久しぶりの村川プロとの釣行で1,400gキャッチ


村川プロのVEXUS VX20に同船

投稿日(9月14日)から一週間以上前になりますが、2020年9月5日に村川勇介プロと一緒に釣りに行ってきました。

最近、ボートカバーの上の水溜りを汲み出したり、スロープでのランチングをしたりと、近くで関わることは多いけど、乗ったことがなかったVEXUS VX20に初搭乗。
デッキもストレージも広くて、走りはパワフルでスムーズ。
スロットルは電子制御で軽い。
さすが最新のバスボート。
すごい船でした。

夏の釣りか、秋の釣りか

気温も水温もピークを超え、下がり始めています。
最初に悩んだのは、夏の釣りをすべきか、秋の釣りをすべきか。
何箇所かポイントを回った結果、まだまだ夏じゃない?ということに。

▲夏らしい場所へ移動して、縦の壁を撃ち始めて数投目。
フォールクローラー5″ネコリグで、とりあえず一本目が釣れました。

橋脚には1,400g

夏らしいポイント、水が当たる橋脚へ。
今年はボートで釣れるサイズが小さいとか、橋脚でまだ釣れていないとか、文句を言いながらレッグワーム2.5″ダウンショットをキャスト。

▲47cm、1,400g。
今年のボートでの最大サイズが釣れてしまいました。

その後はサイズが伸びず、ノンキー3本。

ちょっとだけ水温が下がってビビってましたが、魚にとってはまだまだ夏だったみたいですね。

もちろん村川プロも連発

さすがはプロ。
いいサイズを何匹も釣り上げていました。


この日、1,400gを釣ったことより嬉しかったのは、村川プロから
「釣りもキャストも上手くなったねー」
と言われたこと。
倒れそうなぐらい暑い中、ずっと頑張って練習してきた甲斐がありました。

You may also like...