ボートを乾かしに行ったら、ウエポンの呪いにかかる


カーペットを乾かしに

2020年9月13日。
前日のきんちゃんとの釣行でボートがずぶ濡れ。

カーペットを乾かそうと、ボートを出します。
結論から言うと、あまり乾かなかった上に、帰着時に波を被りまくって、再びずぶ濡れになりました。

朝からバラす

9月に入り、1cm単位で水位が上がり、さらに前日の雨でまたちょっと水位が上がりました。
ボートが座礁する寸前のシャローに入り、自然護岸のカバーを撃っていきます。

前日に続き、WBSトーナメントが行われているこの日。
今日もプロのバスボートが走り回っています。

すぐそばをプロが通りがかった時にバイト。
ここでフッキングするべきか一瞬悩みます。
よく見かける素人が、どシャローで掛けてた、という余計なインフォメーションをプロに与えるのは、どうなのか。
などと考えて軽くフッキングしたら、当然バレました。

今日もキーパー一本

通りがかったことはあるけど、今まで投げたことがないストレッチ。
プロが入っていなかったので、やってみることにします。

シャローな自然護岸で、ボートポジションは水深1m以上あるので、悪くはなさそうです。
出っ張っているブッシュの下に投げた一投目にバイト。

▲34cm、480g。
フォールクロー3.5″、7gのペグ止めテキサスでした。

▲そこから、アシ際でノンキーを何本か追加。

さて、そろそろ本気で釣りをするぞ・・・と思っていたところで、突然お腹が痛くなります。
そう、ウエポンの呪いです。
腹痛に悶えながらトイレに急ぎました。

「霞ヶ浦バスボートトイレマップ」があるといいのかな、なんて思いました。
あと、シャローで座礁しているアルミを見かけたので、「浅瀬の見分け方」なんてのもあればいいのかも。

You may also like...