久しぶりにバスに触った


ドS氏、初のバスボート

2020年10月18日。
前日入りで東京からやってきたのは、僕のクライアント、ドS氏。
僕が茨城に引っ越すにあたり壮行会を開いてくれ、引越し当日も手伝いに(遊びに?)来て、見送りもして、引越し祝いを送ってくれたドS氏。
本当は僕が接待する側なので、バスボートでの釣行にご招待しました。

開始早々からPEでライントラブルが起きたり、シャッドでライジャケフッキングしたりと、バス釣りになれていないドS氏は大苦戦。
ナイロンを巻いたスピニングで、ネコリグに集中してもらうことに。
しかし、朝6時から14時までキャストし続けていただきましたが、ノーバイト。

「こんなに投げ続けたの始めてですよ。ボートの釣りって、すごいですね。」
始めて乗るバスボートの釣りは楽しんでいただけたようです。

この後は寒くて辛い時期になるので、また来年、気候がいい時期に来てください。

久しぶりに魚を触れた

当日は大きな大会が開催されていて、入ろうと思ったポイントにはどこも先行艇が浮いている状況。
プロトーナメンターの邪魔をする気はないので、進路を譲っていきます。
バッティングすることが多い選手たちには
「お前、また船出してるのかw」
みたいなリアクションをされました。

何箇所か回って8時すぎ。
護岸を撃っていくとバイト。
「あー、食ってる。」
そう言いながら、ラインが動き出すのを待ってフッキング。

▲39cm、940g。ハリーシュリンプ7gテキサス。
悪くないコンディションの魚ですが、40cmない、キロない、寸止めフィッシュでした。
とはいえ、バスを釣ったのは9月21日以来1ヶ月ぶりなので、嬉しい。

▲30分後、30cm、420gを追加。

この後は、食ってもすぐ離すバイトが3回あって終了。

ということで、釣果は二本1,360gでした。
来週はもうちょっと頑張ります。

You may also like...