二週間ぶりの檜原湖、キロフィッシュも出現


2021年7月20日〜21日、一泊二日で今月2回目となる檜原湖に行ってきました。

1日目、キロフィッシュをキャッチ

前回の記事で書きましたが、れじぇんどセンパイが
「再来週も檜原湖来ようとしてたんだけど、一緒に行こうとしてた人が行けなくなっちゃったんだよねー。あーあ、檜原湖行きたいな。誰か一緒に行く人いないかなー。いないかなー。」
と言い出し、今月2回目の檜原湖へ。

▲れじぇんどセンパイは朝からトップでボコボコ釣っています。

前回行った、インレットがあるワンドへ行こうということになり、移動。
風が当たっていて、シェイドになったバンクぎわのシャローに、ブッシュ。
霞だったら絶対に投げるシチュエーション。
でも、ここは檜原湖。
こんな浅いところの釣りは成立しないはず。
しかし霞の血が騒いでしまい、フォールスティック3インチのノーシンカーをキャスト。
あら、ラインが動いてる。
食ったよ。
乗るかなー、小さいのだったら乗らないだろうなー。
フッキング!
あ、乗った。
すごい走る。
全然上がってこない。
ドラグがジージー鳴る。

▲獲ったー!44cm、1,170g。
霞のような釣りで、釣れてしまいました。
ここで気付いたのですが、この場所は「前回行った、インレットがあるワンド」ではなく、隣のワンドでした。
今後ここを「間違えて入ってキロフィッシュが釣れたワンド」と呼ぶことにしました。

しかしこの後、釣れない。
初めてやるライトキャロや、前回釣れたダウンショットなどを試しますが、無反応。
やはり、二週間前とは状況が変わっているのか・・・
悩んでいるうちに雷の音が聞こえたので、初日は早上がりとなりました。

2日目、数釣りを楽しむ

某M社長より情報を入手。
深いバンクでの反応が悪く、虫とウィードがいいとのこと。

▲朝のうちはトップで。
れじぇんどセンパイからいただいた廃盤シークレットワームで、ぽんぽん釣っていきます。

▲生まれて初めて虫ルアーというものを使いました。
青木虫の反応がよく、こちらもぽんぽん釣れます。

▲れじぇんどセンパイがウィードの中で、スプリットショットで良型をぽんぽん掛けます。
こちらが「ヒバラ湖でヒーバー」ポーズです。
僕はキャロで探っていきますが、ウィードでは全然釣れませんでした。

▲昼休憩を挟み、れじぇんどセンパイは虫、僕はフォールスティック3″で、さらにぽんぽん追加。

数釣りを楽しむなら、虫とフォールスティック3″があれば、いくらでも釣れる1日でした。
いやー、帰りたくない。
このままずっと檜原湖で釣りをしたい。

しかし、帰りの時間がやってきました。

れじぇんどセンパイが、バンダイ山に向かってバンダーイポーズでお別れをしています。

さようなら檜原湖!
またいつか来るよ!

今回も、宿の手配、ボート牽引、操船、釣りガイドと、れじぇんどセンパイにお世話になりっぱなしでした。
ありがとうございます。
また来年よろしくお願いします!

You may also like...