キロフィッシュしか釣れない。4本で5Kg超え


一投目から三連続バイト

2021年9月12日、北西の風2m、天気は雨。
「釣れそうな天気だね」
スロープで偶然会った某プロに声を掛けられる。

ここしばらく練習してきた沖の釣りに集中して、それなりの結果を出そうと決意し、船を出す。

朝7時、最初のポイントに到着。
ブルスホッグ3″を、ヘビキャロでキャスト。
シンカーでゴリゴリと大岩の上を引きずってくると、重みを感じる。
一投目からかよ!フルフッキング!
よく引く、これは悪くないサイズ

▲45cm、1,120g。

念のため全部リグり直して、二投目。
ゴリゴリ、ぐいっ。
二投目もかよ!フルフッキング!

▲44cm、1,270g。サイズアップ。

二投連続キロフィッシュ。
何が起こっているんだ、霞ヶ浦・・・

そして三投目。
ゴリゴリ、ぐいっ。
うそー!フルフッキング!
・・・ん?でもこれはなんかグルグルしてる。
ガンガン巻いていると、すかっ。
船に寄せたところで、バレました。

▲リーダーがヌメヌメ。キャットですね。
フックが開いてバレました。
距離があるところで掛けるので細軸のフックを使っていますが、やはり無理をするとダメですね。

▲一本目の魚。細軸フック、掛かりはいいんですけどね。
掛ける時は細軸で、その後太軸に変形するフックがあればいいのに・・・

晴れた瞬間、バイトが止まる

さくっとキロフィッシュを二本キャッチしましたが、風が弱くなり、雨が止んで太陽が出てきたらバイトが止まりました。
移動しながらここぞという場所を撃って行きますが、乗らない謎のバイトがたまにあるだけ。

▲何のバイトだろうとハイカットDRを投げてみると、貴殿でしたか(ORETSURI平田さん風)。
シャッドでニゴイがぽんぽん釣れました。

ヘビキャロとクランクで2本追加

バスが釣れないまま移動を繰り返し、3時間経過。
北東の風が吹いてきて、空がまた薄暗くなってきました。
ヘビキャロを投げていると、久々のバイト。

▲11時半、42cm、1,300g。
キロフィッシュ三連続。
どうしちゃったんだ、タフミガウラ・・・?

ここらでクランクでも巻いてみようかと、DUELハードコアXXクランク2.5+を投げてみます。
2m〜3mのブレイク沿いを引いてくると、ごっつんとバイト。

▲12時、46cm、1,530g。

▲丸呑みですよ。これ60mmサイズのクランクですよ。
(ワイルドハンチやブリッツが52〜54mm、デカピーナッツが60mm)
2.5+買い増ししておこう!と思ったら、もしかしてディスコン?

4本で5,220g

ここまできたら5本を目指せと思うでしょ?
しかし、霞ヶ浦はそんなに優しくしてくれないんですよ。
15時まで頑張りましたが、ニゴイしか追加できませんでした。

それでも、僕にとって4本で5Kg超えは初めての記録。
満足です。

バスボートに乗り始めて3年、やっと操船にも慣れてきたので、ここから釣り方もポイントも広げていきたいと思います。
ということで、バスボートの釣りを学ぶのは時間がかかるので、みんなも若いうちに買っておいた方がいいよ!

それにしても最近の霞ヶ浦、どうしちゃったんですかね。
いつもこのぐらいご機嫌だと嬉しいのですが。
今週末に台風が来て、その後はまたいつものツンツン霞ヶ浦に戻っちゃうのかなあ。

You may also like...