【10/23-24釣行記録】バラしまくって、パッとしない秋の釣り


アキラセンパイと出撃

2021年10月23日。
久しぶりにアキラさんとの釣行。
気温は一桁。
寒い。
こんなの絶対に釣れないよねなどと言いつつ、トーナメント出場者のボートが40艇程並ぶスロープから出撃。

沖の釣りをしてみるが、反応がない。
水温も下がり、魚の居場所は変わっているのだろう。

なんとなくシャローに寄ってみると、あたり一面シラウオだらけ。
やる気になってパワーポールまで下ろして責めるも、無反応。
風が吹き出した瞬間、シラウオが消える。
惰性でドックの壁を撃っていくと、コツンとバイト。
「あれ?食ってるよ?」
と驚きながらフッキング。

▲33cm、460g。
フォールクローラー4″ネコリグ、通称アンビリーバボーリグ。

本湖南岸、風が当たる面のシェイドができているドックの壁に、ネコリグ。
これがヒントになるか?
いや、違う。
こんなの絶対にただの偶然。
釣れた魚の情報を無視して、本湖を渡って北面のリップラップへ。

トーナメント中なのでボートが多い。
空いていたストレッチを流していく。
僕がシャッドで一本掛けるがバレる。

移動して、別のリップラップへ。
僕が一本、アキラさんが二本掛けるが、全部バレる(この僕の一本は、多分ヒレのスレ)。

水温急低下の中、いくつもバイトは取れたのに、船中1本で終了。

新種シーバスを釣る

2021年10月24日。
前日よりさらに寒い。
この日もトーナメントが行われていて、バスボートが沢山。

前日アキラさんがバラしたリップラップに入り、ブリッツMRを巻くとバイト。
サイズはまあまあ。
リアフック一本。
ネットまであとちょっとというところで、ジャンプされてフックが外れる。

しばらくあちこちの石積みに走り回るが、反応が無い。
途中、釣り禁止エリアに緑のベルトを巻いた船が入っていくのを目撃。
釣果偽装とか、釣り禁止場所での釣りとか、そういうのできる人はメンタル強いなあと関心。

空いているリップラップに入り、ハイカットDRを巻いてみるとバイト。
かなり大きい。
カルコンBFSからラインが引きずり出される。
無理はしない、今度こそ確実に獲る・・・と思ったのに、スカッとフックが外れる。

またあちこち走り回る。
釣り禁止エリアに、さっきの船が入りなおしていくのを目撃。
ほんと、メンタル強いなあ。

ボートが多い中、空いているリップラップにどうにか入り、ハイカットDRを巻いてみるとバイト。
よーし、今度こそ!
・・・いや、これ銀色の魚だ。
尻尾が黒かったから期待しちゃいましたよ。

Twitterに写真を投稿すると、「フィネスの女王」と呼ばれる釣り激ウマな女性から
「これ、頭小さいから、シーバスじゃない」
と指摘が入る。
確かに黒い点々がある。
調べたところタイリクスズキという、スズキではない別の魚らしい。
さすがフィネスの女王。
すごい・・・

ということで、二日やって460gが一本。
バラし多数。
コンディションが悪い中何本も掛けたので、惜しいところまで行ったとは思うんだけど。
次の週末までに、クランクとシャッドのフック交換に勤しみます。

You may also like...