お見事!同行者が荒川モンスターシーバス78cmを捕獲!〜東京湾シーバス実釣レポート


2016年4月9日。大潮の後の中潮で満潮が18時39分(@晴海)。
この日はずっと強い南風が吹いていて、東京の気温も24℃まで上がりました。

日没が18時9分。日没後の満潮後ということで、バチ抜けを期待して、前回と同じ荒川の堀切橋近辺のポイントへ。

予想通り、満潮から下げに入るくらいのタイミングでバチが抜け出し、シーバスのボイルも発生します。

すると20時前、少し離れた場所で釣っていた同行者の方からバシャバシャと魚が暴れる音が聞こえます。

慌てて駆け寄ってなんとかタモ網に収めると、これまで見たことがない巨大なシーバスでした!!

ランカーまであと少しの78cmの巨大荒川シーバス

ランカーまであと少しの78cm。

荒川のモンスターシーバス

こうやって持つとその大きさが際立ちます。

釣ったルアーはPLEX水面直下。ボイル狙い撃ちで口を使わせたとのことでした。

実は、彼が前回釣ったのもPLEX水面直下。ボイルしているシーバスを誘って喰わせることができるルアーなんですね。

目の前であんなの見せられたら・・・買うしかないですね(笑)

PLEX水面直下

それにしても、僕は前回釣ったのが3月13日なのでほぼ1ヶ月シーバスに出会えていない…。

バチ抜けがないと意外と厳しい春のシーバス釣り。頑張ってマイクロベイトパターンを攻略したいです。

関連記事

You may also like...