シーバスにスイッチを入れて喰わせる〜東京湾シーバス実釣レポート


2016年7月1日、中潮。
この日は荒川ロックゲート周辺のポイントへ。

この辺りは、水門あり(土砂が堆積していて浅くなっている)、閘門あり(船が通るので少し深くなっている)、シャローあり、と地形変化がいろいろとあるポイントです。

暗闇に浮かびあがる荒川ロックゲート。なかなかの存在感です。

荒川ロックゲート

このポイントの特長は、ずばり暗い。
明かりがほとんどないので、装備はしっかりしていきましょう。

夜の荒川

現地に着いたのは20時過ぎ。
やや強い南風で水面が波立っています。

ベイトの姿は見当たらないし、ちょうど潮も下げ止まりで、活性が高いシーバスはいそうにありません。

ならば、シーバスのやる気スイッチを入れるしかない。

先日のもんきさんの釣行レポートで、ミノーを止めて喰わせるというテクが紹介されていましたが、それを参考にして、ミノーのトゥイッチで攻めることに。

もんきさんはimaのiBORN 78Fというフローティングミノーを使っていましたが、シーバスがあまり表層を意識してなさそうなのでジャクソンのアスリート 9sというシンキングミノーを選びます。

ちょんちょんと引いて止めるというアクションで水深1mくらいを攻めていると、ルアーを止めている時にヒット!!

下顎にフッキング。バラさなくてよかった。

荒川シーバス 顎にフッキング

サイズは48cmでした。

48cmくらい

ヒットルアーはこちら。
ジャクソン(Jackson)のアスリート 9s。パールチャート系のゴーストカラーです。

ジャクソン(JACKSON) アスリート 9s

これでやっと今シーズン10匹目のシーバス。
こんなペースで年間50匹は本当に達成できるのか・・・。

なお、Instagramでは、いちはやく釣果情報を発信していますので、是非こちらもフォローしてくださいね。

荒川シーバスをキャッチ‼️ #シーバス #seabass #荒川 #東京湾奥 #lurefishing #fishing #sakanamagazine

SAKANA Magazineさん(@sakana_magazine)が投稿した写真 –

関連記事

 

You may also like...