渋い状況の中でローリングベイトで1本!〜東京湾シーバス実釣レポート


2016年7月23日、中潮。
満潮の19:43に合わせて荒川河口へ。

先日のデイゲームは生命感がムンムンでしたが、この日はベイトフィッシュ(イナッコ?)がチラホラ泳いでいるのみ。

もちろんボイルもありません。

冷たい東風の影響でしょうか。

表層から攻めるも反応がなく、レンジを落としていきます。

そして、下げ三分の頃、地形の変化と流れのヨレがあるポイントにローリングベイトをネチネチと通しているとついにシーバスから反応が。

元気いっぱいでランディングに苦労しましたがなんとか水揚げ成功。
ルアーを丸飲みでした。

荒川シーバス

ローリングベイトって、もうダメかなぁって時にいい仕事してくれます、ホント。

きっちりサイズを測らなかったけど、60cm弱の色白でコンディションの良い個体。

居着きではなく回遊して海から入ってきた個体だと思います。

これで今シーズン15匹目。50匹目指して引き続き頑張ります。

You may also like...