初の東京湾ボートシーバスにチャレンジ!〜東京湾シーバス実釣レポート


2016年8月16日、大潮。

もんきさんと、僕と、同行者の3名で、僕にとって初のボートシーバスへ。

お世話になったのは、いつものもんきさんの記事でおなじみの東京湾マリーナのwithさん
ボートシーバス初心者の僕にも、優しく、親切に教えていただけました。

朝4時半。静まり返った東京湾マリーナを出船。

東京湾マリーナ

最初に向かったのは旧江戸川河口付近のポイントでしたがこちらは不発。

その後、羽田沖に向かいます。羽田空港の滑走路下のよく写真で見る有名ポイントです。

羽田沖 羽田空港 滑走路下のシーバスポイント

羽田沖 羽田空港 滑走路下のシーバスポイント

このポイント、船を近くまで寄せることができないので、45mの距離からキャスト。いかに奥まで投げ込むかという飛距離と、タイトに柱を狙うコントロールが求められます。

投入したルアーは船長ともんきさんおすすめスピンテールジグのJJシャクラ

もんきさんは一投目からヒット!期待は高まりますが、しかし、なかなか思うようにキャストが決まりません・・・。

苦労しながらも何とかボートシーバスの記念すべき1匹目!

東京湾ボートシーバス1匹目

そして2匹目。こちらは鉄板系のバイブレーションで。

東京湾ボートシーバス2匹目

3匹目、4匹目は初めて使ったソフトルアーで。

東京湾ボートシーバス3匹目

3匹目はこの日最大サイズの50cm。もうちょっと大きいのが釣りたかったなぁ・・・。

東京湾ボートシーバス4匹目

4匹目は少しサイズダウン。

使ったルアーはこちら。バクリーダート86 銀粉キビナゴ。10gのジグヘッドにセットしました。

バクリーダート86 銀粉キビナゴ

ルアーの名前のとおり、ダートさせていると我慢できなくてシーバスがリアクション気味に喰っている感じ。
攻めて釣るイメージが持てて結構気に入りました。

最後は少しポイントを移動して、滑走路の近くのオープンエリアに。
水中の地形がブレーク(駆け上がり)になっているとのことで、底までJJシャクラを落としてゆっくり巻いてくるとヒット。

東京湾ボートシーバス5匹目

この日の5匹目となりました。

最後にポイント移動して堤防付近のポイントへ。
壁際をバクリーダートで誘うとヒットしましたがバラしてしまい、この日は終了。

同行者がこのポイントのブレークを攻めてこの日最大の67cmをキャッチしました。

ということで、もんきさんに言わすと、夏なので全然シブいということでしたが、それでも5匹をゲット。
オカッパリだと1日5匹なんてなかなか釣れるものじゃないし、ボートからの東京湾の景色も満喫できて、十分に楽しめた釣行でした。

聞くと、秋にはランカー狙いのR便というのも出航するそうで、また機会を見つけてボートシーバスにチャレンジしたいと思います。

なお、これで今シーズン20匹。目標に向けてあと30匹。果たして釣れるのか・・・。
引き続き頑張ります。

You may also like...