ランカーシーバスと出会った忘れられない夜〜東京湾シーバス実釣レポート


2016年10月14日、大潮。
前日の釣行で調子が良かった旧江戸川の同じポイントへ。
20時頃からキャストを開始。下げ8分くらいでしょうか。

開始早々、シャローエリアから少し沖の流れのヨレにsasuke SF-95を漂わせて30cmくらいのシーバスをキャッチ。順調なスタートです。

sasukeで1匹目

その後、表層で反応が出ないので、スリートラップでレンジを落としてもう1本。

スリートラップで2匹目

前日に引き続き好調です。

でもそんなことは、この後に起こったことに比べたら大した話ではないんです(もちろん釣れたのはうれしいけど)。

21時。流れが効かなくなったため、シャローエリアから少し移動し、手前のかけ上がりを狙います。

前日3匹目の54cmは干潮潮止まりになってから、すぐ手前で釣れたのもあり、潮位が下がりシャローから回ってくるベイトをデカいシーバスが待ち構えているのではないかと推察しての移動でした。

最初はスリートラップで狙っていましたが、前日仲間がバイブレーションで釣っていたのもあり、ジグパラブレードの14gにルアーチェンジ。

根掛りしないギリギリをスローに巻いていると、目の前2〜3mで何か巨大な生き物がガツンとかかります。

水面でバシャバシャはしたけど、動きも鈍く、エラ洗いもしないので、巨大な鯉でもスレがかりしたのかと思ってました。

困ったなぁと思いながら、手前に寄せてきてライトを当てると、どうやらシーバスっぽい。

しかもデカい。

意外とデカいシーバスは簡単に寄ってくる。デカすぎて動きが緩慢だし、老体だからでしょうか。

なんとかネットに魚の上半身を押し込んでランディング。

旧江戸川ランカーシーバスをネットイン

そうだ。この日のためにデカいランディングネットを選んだんだった。それでも入りきらないじゃないか。

そして地面に寝かせてその大きさに改めて驚き、震えました。

旧江戸川ランカーシーバス

心臓のバクバクが止まりません。震える手でメジャーを広げて魚体を乗せるとなんと93cm。まさにモンスター。

ランカーシーバス93cm

シーバス釣り3年目でこんな魚体に出会えるなんて、夢のようです。

そして、ルアーが見当たらないなぁと思ったら丸飲みでした。

バイブレーションを丸飲み

ただでさえ小さいバイブレーションが本当に小さく見えます。

後でみたら針が伸びていました。丸飲みじゃないときっとランディング出来てなかったでしょう。リーダーも削れてザラザラになっていました。

針が伸びたバイブレーション

早く水に戻してあげたい。でも、もっと見ていたい。写真も撮りたい。そんな葛藤をしつつリリース。

nyoronyoroさん(@nyoronyorogram)が投稿した動画

無事に帰っていきました。

その後は、なんだか気持ちの高ぶりが収まらず早々に納竿。

いやはや、一生忘れられない夜になりました。

(ちなみにこれで今シーズン32匹。目標の50匹が少しだけ見えてきました。)

You may also like...

1 Response

  1. 2016年10月18日

    […] ランカーシーバスと出会った忘れられない夜〜東京湾シーバス実釣レポート […]