都市部の一級河川でナイスバス


こんにちは、今回皆さんの輪に入れていただく事になりましたズッキーです。

主にオカッパリとカヤックからのバスフィッシングをしています。

霞ヶ浦、横利根川の他、未開拓の中川や江戸川にもバンバン出掛けて行きます。軽キャンピングカーとバイクの機動力を駆使してフレッシュな情報を皆さんにお届けしたいと考えています。

フィールドで見かけたら声かけてください。よろしくお願いします。

3月からゴールデンウィークにかけて遠出を控えて近場の川に出動。

埼玉と東京を流れる一級河川と言えば荒川を連想しますが、他にもまだまだあるんです。
今日は、イマイチ知られていない中川にスポットを当ててみたいと思います。

この時期はスポーニングのためにシャローにバスがさしてきます。

しかし、中川は潮の満ち引きによってかなり水深に変化があります。
そのためボトムの質が安定していない砂地や泥などで構成されているインサイドは捨てて、アウトサイドのハードボトム、今回は沈みテトラを狙いました。

テトラから水面までは約1メートル、流れは下げている時が良いような気がします。

ルアーはあまり潜らないミノー、ワタシはジョインテットクローと、リップライザーを使い分け、ラインはフロロの16ポンド、ヘビーなロッドの組み合わせです。

上陸側にキャストして流れに乗せてドリフトさせてみます。テトラに当たったりしますのでラインチェックはマメに。

何回かバイトはあるもののフッキングしません。
過去の経験だと当たりは引ったくるようなものから、押さえ込むような重さが乗るような感じ等様々です。

ジョイクロはヒラを打って止めたときにドカンと出るのが見えるのでかなりエキサイティングな釣りです。

そして岸から少し離れたテトラにリップライザーがタッチして止めたときにバイト。
BASTARDが大きく弧を描いて上がってきた魚はネットから尻尾がはみ出る位のビッグママでした。

中川のブラックバス

近頃はアングラーも増えてきました。
下流には超メジャーな花畑運河がありトップウォーターで狙えます。

しかし、まだまだ手付かずの場所があり、謎が多い川です。これから開拓していこうと思います。

駐車マナーを守ってバスフィッシングを楽しみましょう。

You may also like...